蜂退治をして脅威から身を守る【プロの追い返し術法】

作業員

プロに任せるのが一番

スズメバチ以外の蜂退治の方法について

駆除

蜂はその習性上、春先から秋頃まで人家の一部に巣を作って活動します。群れをつくり、刺激を受けると集団で襲う習性を持ち、中には強力な毒性を持つものもあります。このため巣を発見した場合は早急に駆除対策を行う必要があります。 しかし、蜂の種類をしっかり見極めずに、すぐに蜂退治をしようとするのは非常に危険です。スズメバチの駆除は経験のない一般人には非常な危険を伴いますが、ミツバチやアシナガバチの場合、工夫次第では素人でも除去は可能です。アシナガバチやミツバチの攻撃性は低く、手出しをしなければ攻撃されることはありません。駆除には夜間が効率的で、防護服などを着用して刺されないように完全装備した上で、巣全体に駆除剤を噴霧し、蜂が居なくなったことを確認して巣を撤去します。 自分で行えば、蜂退治の費用が安く済むメリットがあります。しかし、危険を感じる時は専門業者に依頼するのが無難です。

スズメバチの蜂退治は専門業者に依頼するのがお勧めです。

スズメバチの巣は丸いボール状で、表面には魚のうろこ状の模様があります。スズメバチは巣に近づいただけでも襲い掛かるほど非常に攻撃性が強く、しかも強い毒性を持っているため、刺されると場合によっては呼吸困難に陥ったり、ショック症状(アナフィラキシーショック)を起こし、死に至ることがあります。 蜂退治には防護服など装備を完全にして、夜間に煙幕や強力な殺虫剤を利用し、巣ごと撤去します。 しかし経験のない一般人によるスズメバチの蜂退治は非常に危険な為、現在のトレンドとしては蜂退治専門の業者に依頼するようになっています。 万一刺された場合は傷口をつまんだり、吸引器を使って蜂の毒液を体外に出します。この際、口から吸わないようにします。口の中に毒があると、そこから毒がしみ込む恐れがあるためです。